--年--月--日
スポンサーサイト
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2005年06月28日
性格が明るい
 

UO(050628-224619-00).jpg


T/ブリのゲートでゆったりとした方を発見。素直に殺されて行きました。蘇生待ちの雰囲気があったので蘇生能力なしを伝えると「アラ、^^」と爽やかに去って行かれました。印象に残る気持ちの良い(?)暗殺でした。

スポンサーサイト
 
 
2005年06月27日
ふざけすぎたか?
 

UO(050627-223623-00).jpg


フェル・ブリのゲートを出たら人影。後を付いて行くと何やら買い物。すかさず襲うと隣の家に駆け込みます。タグはArr。昔勇で死闘を繰り広げた記憶があります。とそこへ2名同じタグの人たちがやってきます。呼んだ訳でもあるまいしとふと家の看板を見ると何とそこがGHでした。一対三なのでガチンコは避けつつ奇襲を繰り返し、レイスで彼らのど真ん中に分身を出すなどすき放題やっていたらさすがに飽きられて家に引きこもってしまいました。少し悪ふざけが過ぎたでしょうか。又遊んでください。

 
 
2005年06月25日
曲者一味?
 

UO(050625-212610-01).jpg


曲者ハンゾの家を覗くと誰もいない。すると何やら隣家が騒がしい。名前が確かASHAF(不確か)とLIPTONという2名がどたばたと家の中を駈けずり廻っている。どうも戦闘訓練してるくさい。この二人もハンゾの一味なのかと思って佇んでいると、どうやら表に出てくる気配。最初に出て来たのはLIPTON。すかさず麒麟から通常戦闘態勢に変身しウイザーから剣。逃げるところを追いすがって更に剣で止め。お金をルートして残りをと思っていると残りの赤が駆け寄ってきてレプをぶつけられる。どうもこの赤の霊話スキルは120あるらしくなかなかしつこいが、レプ逃げは慣れているので退避しつつ離脱。

続きを読む

 
 
2005年06月24日
ルナ城壁上のいじめ
 

UO(050624-221025-01).jpg


ルナのゲートをくぐろうとすると青とすれ違い。ハイドして後を追うと城壁上で太鼓を叩いてスキル上げの様子。まさかこんなところで襲われるとは夢にも思っていないようでしたので現実への警鐘を鳴らしてみました。

 
 
2005年06月19日
押し入り強盗
 

UO(050619-220048-00).jpg


伊賀抜忍であるハンゾが作ったギルド曲者の様子を窺っていたら隣の家に人の気配。パブリックになっているようで中にすいすいと入れる。見るとなにやら荷物の積み替えをしている模様。
そこで密かに忍び寄り得意のウイザーとDSのコンビネーション。だけど相手は一歩も動かずなのでDSの意味なしTT。そこでウイザー連打で衝天してもらいました。荷物はレアものでしたが半分ルートしたところでバンを喰らって押し出されました。上の写真はその様子です。
でもこれって暗殺というより押し込み強盗に近いですね。

 
 
2005年06月17日
無辜の民を
 

UO(050617-221620-00).jpg


最近めっきりと獲物の減った勇島。とそこへスキル上げとおぼしき無辜の民が。麒麟の変身を解いて準備しようとしているとゲートを出して帰ろうとしている。「迷ったらまずは攻撃」という伊賀に伝わる家伝(本当かよ)に従いまずは麒麟のままで剣で切りつける。ゲートを諦めて走り去ろうとするのに遮二無二切りかかる。すると何とこの方は何を思ったかモンスに向かって突進して自爆。ううむ・・・。達成感ゼロ。
その後この方は近くのヒーラーで蘇生することなく勇のゲートで帰ってゆかれました。お怒りだったのでしょうか。例え無辜の民でも「皆殺し」を家訓(?)とする伊賀の掟には従わねばならぬのです。お許しあれ。

 
 
プロフィール
 

伊賀隠密雷電

  • Author:伊賀隠密雷電
  • 栄華を求めず人知れず世の底で逞しく生きて行く。そんな生き方を無限でしてみたいという人たちを常時募集しております。戦闘、非戦闘は問いません。興味のある方はhttp://home.b07.itscom.net/iga/をご参照ください。

 
 
最近の記事
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
カテゴリー
 
 
 
This counter has started on 12/May/2007.
 

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 
 
 
リンク
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。