--年--月--日
スポンサーサイト
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 

UO(110730-221717-00).jpg
本題の前に小ネタを一つ。
ジニのブログに書かれているように最近ストーカーことゲキが出没しています。そしてなんとIGA村のジニの家の軒先にこんな小さな家を無理やり建てたのですw
なんという執念なのでしょうか、そうまでしてIGAに絡みたいという根性はある意味見上げた(見下げ果てたw)ものです。
定例会議を行っている最中からこのキャラでうろちょろするので追いかけるとさっそく家に籠ってしまいます。そして出たり入ったりして我々をからかっていたようなのですが。

UO(110730-221823-01).jpg
まあ、結果はこのようになるのは始めから分かっていたことではありますw

UO(110730-225313-04).jpg
GHでは実はそれどころではなかったのです。以前に「第8回Housing@うぉっち in 無限」運営委員会の方とチェリ氏がIGAを訪問してPKの自粛を要請されました。IGAとして協力を約束したのですが、その後霧雨のアイデアで一般トラメラーでPKなんぞ経験したことが無い人がほとんどだろうから、見学先からGHに飛ばしてSKかまして殺してみるのも喜ばれるかも、という提案があったのです。そして運営委員会からもOKが出たのでGHのど真ん中にハウステレポと置いてその回りで今や遅しと我々は待ち受けていたという訳ですw

UO(110730-225932-10).jpg
そしてお約束通り続々と訪問者がw
都合6名来られたようです。さぞかしびっくりしたでしょうが、蘇生後記念品をお渡しして帰りのゲートでお見送りしました。無限での良い思い出になってくれたらと願っておりますw

スポンサーサイト
 
 
 

UO(110728-225209-01).jpg
昨日越後が殺されたらしいのでスネーク、アルフェそして何と新人のルーキーで今日サクっと殺したみたいですw
もうこの程度の派閥の死ではIGAには感動を与えられなくなってしまっているのでしょうか。なぜか淡々と書いてしまっていますw
いずれにしてもIGAメンが殺されればその刃は必ず下手人に返ってくるのです。IGAは復讐を掟とする集団です。刃を向ける方たちはご用心くださいw

UO(110728-225209-00).jpg
旧ヘイブンを歩いていると建物の中に人影。これはIGAからすると絶体絶命のパターンですなw
誰も見えないのにドアだけがバタンバタンと開いてきてそして必殺の弓矢。ホラー映画の一こまのようですw

 
 
2011年07月26日
派閥は鯨?
 

UO(110726-224735-02).jpg
それはヘイブンでXPを見かけたことから始まりました。今日は平日にもかかわらずインが10名wでなおかつ戦闘員も揃っていたので派閥を落す自信もあったのです。しかし、肝心の標的がルナや禅都などあちこちに移動してなかなか的を絞れません。そうこうするうちに再び禅都で発見との報。直ちに向かい戦闘開始です。禅都中でトタバタの追跡劇を繰り広げましたが、最後はアルフェの落馬やマサの毒wの支援があればスネークの強力な決定力の前にXPも敵ではありませんでした。
最近感じるのですが、IGAにとっての派閥は太地の漁師にとっての鯨のようなものではないのかと。普段から準備をし、いざ発見となれば団結力で鯨に迫り、激闘の末に仕留める。まさに江戸時代の鯨漁そのものですねw

UO(110726-225134-03).jpg
GHで装備の品評会をしましたが、いつものことながらこの装備の差には愕然として納得行きませんw
まあそれでもIGAの団結力をもってすれば撃破可能ということですけどね。それにしてもこの差はしんどいw

 
 
2011年07月25日
懐かしい顔
 

UO(110725-231619-02).jpg
諸般の事情でUOを離れていた赤目が復活しました。
色々と思い出話をしましたが、だいぶ浦島太郎の感じがw

 
 
2011年07月24日
ヘイブンどたばた
 

UO(110724-230429-00).jpg
派閥のXPがヘイブンにという情報がありアルフェとマサの三人で張り込みを行いました。その越後も加わってダドタバタの追跡劇w
結局逃げられました。

UO(110724-231811-01).jpg
ヘイブンゲートにこのヒカリという人がちらちらしていたのですが、越後が圏内のリスクを冒して毒手裏剣を撃ちこみますw
かなり毒が進行してからどこかにゲートアウトして行ったのですが、ひょっとして死んでるのではないかと思ったらやはりルナで死んでましたw
私の姿を見るなりガード@を叫んでいたのでまた襲われると思ったのかもしれませんw
油断禁物ですね。

 
 
2011年07月24日
新規入隊!
 

UO(110723-214705-03).jpg
入隊希望があり拙宅にエミサリーが集まり面接を行いました。PKギルド出身の経験者です。

UO(110723-225522-07).jpg
その後引き続き定例会議。あれこれと話しました。それにしても参加者は12名でなかなかの賑やかさではありますw

UO(110723-223231-04).jpg
これはいつものオマケですw
何とかして中で何を話しているのかを知りたいというのが見えます。
幽霊になってまで入ろうとしていたのには呆れましたw

この後メデューサに三人wで挑戦しましたがあえなく敗退w

 
 
 

UO(110716-223755-07).jpg
いつものようにニギニギしく定例会議を行いましたw
通常であればこの後戦闘訓練と実益を兼ねた狩りに行くのですが、報告によれば本日は「あの」ケロヤ氏がイベントをやるとのこと。聞くところによるとなにやら死にゲートが開かれるらしいのですが、待っているのがモンスであろうがIGAメンであろうが余り差はないだろうwと判断して想定される場所にて待ちうけることに。

UO(110716-233523-08).jpg
UO(110716-233615-09).jpg
ということで砂漠で待ち受けることにしました。実はこの場所の前に別の場所を想定して待機したのですが、余りの苛烈な環境で待ち伏せの前にIGAメンが全滅の危機に瀕したので急きょこちらに場所を変えたというのは秘密ですw
待ちうけることしばし、ここに来る保証はないので駄目かなと思った矢先に目の前に綺麗なブルーのゲートがw
開いた瞬間に御一行様であると確信して皆で殺到。忘れていた大量虐殺の記憶がよみがえりましたw
この後ルナゲート付近は幽霊であふれたそうですw
主旨とは少し違ったでしょうが、ケロヤ氏のイベントを陰ながら盛り上げることができて本当によかったです。無限振興を旨とするIGAとしても無視はできませんw。例えケロヤ氏から正式のサプライズ依頼がなくてもそこは魚心あれば水心、彼の思いはよ~く分かっていますから礼には及びませんぞw
これからもIGAは無限振興のためにささやかながら強制的な協力をして参る所存ですw

 
 
 

UO(110715-223206-00).jpg
ルナの某有名店の中にアカネ・エミリを発見。圏内ギリギリなので殺せるとは思ってませんでしたが、まあ挨拶代りに弓をぶちこんでおきましたw
エミリ曰く「ガード死するかとおもったけど惜しかった」w
そんなことはとっくに織り込み済みだっての!まあ、ただここは圏外でもガードが飛んでくる非条理なところでもあるので内心はちょっとヒヤヒヤでしたがw

UO(110715-1310741524_1[1]
UO(110715-1310741581_1[1]
ヘイブンに出没した派閥をIGA最強とうたわれるスネークが撃破しましたw
さすがであります。

 
 
2011年07月03日
VASHU追悼
 

1309523924_1[1]
ついにバシュにIGAの鉄槌が下された。回避ダク装備を頼んでの日頃のIGAへの悪口雑言は看過できないものになっており、内部で密かにいかなる手段を使ってでもバシュを抹殺せよとの追討令が発せられていたのである。ヘイブンを注意深く観察している方であれば恐らく気がついたであろうが、ここ最近のIGAのバシュへの追及のしかたは今までのおっとりと構えていたものとは全く違うものであり、マーズの対処もまさにその一環であったのである。
そうとも知らずに油断しきっていたバシュには非情な結果が待っていたのは必然であろう。彼の装備は当然ながら全ルートであったが、今後何らかの方法で展示を行い、二度と同類の輩が現れないようにする所存である。もちろん、名誉ある派閥戦士と同列の展示を意味するものではないw
伝え聞くところによるとバシュは今回の非業の死によりUO引退の意思を示したらしいが、たかが装備、たがか武器である。しばらく冷却期間を置いてまた元気な姿を見せてほしいものである。不肖この雷電も酔いにまかせてキャラそのものを消してしまうという苦い(?)思い出を持っている。そんなことでいちいち引退などしていたらいくつキャラがあっても足りないぞとアドバイスしておこうw

UO(110702-220306-01).jpg
話変わって本日は定例会議の日である。あれこれと話しているとゲキがw
この軽い行動がこの後悲劇を生むとはもちろん彼は知るよしもないw

UO(110702-223733-04).jpg
会議終わって狩りに出撃するための勢ぞろい。狐の横に鶏で並んでいるのに注目してほしい。なお、この狐は当然分身ではなく全て生身であるw

UO(110702-225640-05).jpg
今日の狩りはトレハンであったがドラなしで無事終了。襲撃警戒もできてプロジェクトもうまく行っています。

UO(110702-233001-06).jpg
と、そこへ後から参入しようとしていたマサからゲキとGH付近で戦闘との通報。直ちに戦闘員は向かいます。
彼は一旦逃げたのですが、必ず戻ってくると踏んでハイドにて落馬せん滅包囲網を敷きますw
絵はUOCの画像です。

UO(110702-233105-07).jpg
そして見事落馬から絵に描いたような展開w
全ルートです。

UO(110702-233144-08).jpg
これは殺害直後の包囲網w

IGAにちょっかい出すとどういうことになるか良い見本を示せたと思います。

 
 
プロフィール
 

伊賀隠密雷電

  • Author:伊賀隠密雷電
  • 栄華を求めず人知れず世の底で逞しく生きて行く。そんな生き方を無限でしてみたいという人たちを常時募集しております。戦闘、非戦闘は問いません。興味のある方はhttp://home.b07.itscom.net/iga/をご参照ください。

 
 
最近の記事
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
カテゴリー
 
 
 
This counter has started on 12/May/2007.
 

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 
 
 
リンク
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。